国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


メールの不達につきまして

メールによるお問い合わせには、おおむね2営業日以内の返信を心がけておりますが、当方からの返信がなかったというご指摘を数件頂戴しております。

一つには、当方にメールが届いていないケース、もう一つには、当方からお送りしたメールが届いていない、という事案があることが分かっております。

お手数をおかけし、大変恐縮なのですが、2~3日経っても当方からメールによるご連絡が届かない場合は、上の2つのケースのうちどちらかである可能性が高いため、お電話をちょうだいできますと大変助かります。

次の方は、国語道場のアドレスにメールがお送りになれないことが判明しております。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年01月16日 20:32

カコモンGO!はじめました

 いよいよ明日から県内私立高校の前期入試が始まります。  国語道場では今週日曜日から、千葉県公立高校入試過去問演習会「カコモンGO!」をスタートしました。これから毎週日曜日、朝9:30~7時間ぶっ通しで、過去問を使った学習指導を行います。  まず、毎回一つの年度の全5教科の過去問を、入試本番と同じように各50分の制限時間を設けて解かせます。今回は2014年度のものに挑戦しました。  問題用紙や解答用紙は、本物のPDFファイルをプリントアウトしたものを使うこだわりぶり。単なる演習を超えた緊張感の中で問題に取り組みます。  実際のテスト形式での演習終了後、直ちに採点&合否予想を一人一人に知らせます

続きを読む

—————

2018年01月14日 18:19

たくみ君、誕生日おめでとう!

 「ことばの学校」を、いつも楽しそうに取り組んでくれるので、先生たちもたくみ君が来てくれるのが楽しみです。  お家の人から「いやなことはやりたがらない」と聞いていたのですが、とんでもない。熱心に頑張っています。これはきっと、たくみ君は、本当に大事で面白いことを感じ取る心が育っているからなんだと思っています。  冬休みには算数も一緒に頑張りました。低学年の今からこれだけやっているのは素晴らしいことです。これからの成長に期待しています!

続きを読む

—————

2018年01月13日 21:31

みほちゃん、誕生日おめでとう!

 みほちゃんは道場に通い始めて8か月ほどですが、今はこれまで生きてきた中で一番勉強を頑張っているときでしょうね。冬期講習でも朝の1コマ目から夜の最終コマまで、ほぼ毎日本当によく頑張りました!  みほちゃんの努力は、先生たち一同みな自分の目で見て知っています。だから入試ではみほちゃんにとって一番いい結果になるように心から願っています。  最後の最後までみほちゃんのことを全力で応援し続けます。ともに頑張りぬきましょうね!

続きを読む

—————

2018年01月11日 20:41

英語・道徳・プログラミング、この中で小学校の教科にならないのは・・・

 「東ロボ君」開発のプロジェクトリーダーでおなじみ、基礎読解力テストの開発者でもある新井紀子氏のツイッターを読んでいたら、このような投稿がありました。     Globeの当該記事はすでに修正されているようですが、確かにコンピューターのプログラミングが小学校で必修教科になると思っている人は結構いるような気がします。  道徳は2018年度から「特別な教科」になり、英語は2020年までには外国語活動が小3スタートに引き下げられ、小5以上は「教科」になります。しかし、コンピューターのプログラミングは教科にはなりません。  「あれ、でも『プログラミング必修化』みたいな話はどこかで聞

続きを読む

—————

2018年01月09日 10:44

模試の志望校判定の使い方

 国語道場では昨日で冬期講習が終了し、本日より通常授業が再開されます。  冬期・春期・夏期の講習の最後に、全生徒に実力テストを受けてもらう決まりになっています。実力テストは、小学生は日本全国単位、中学生は千葉県全県単位での偏差値が出るものです。  国語道場では、この実力テストの受験に関しては厳しいルールを設けています。すなわち、実力テストの受験は必須で、2期連続して長期の入院などの合理的な理由なく受験しなかった場合、退塾していただいています。もっとも実際そういう方は過去に1人もいませんが。  実力テスト受験を必須としているのは、塾に通っているのに偏差値が明らかにならないなんて、塾に通っていただ

続きを読む

—————

2018年01月06日 19:05

さおりちゃん、誕生日おめでとう!

 さおりちゃんというと、いつも意欲的にどんどんと取り組んでいる印象ですね。  国語道場に来てくれるよういなってから半年ほどになりますが、この間だけで30冊以上も本を読破しているんですね。  それでいて雑なところがなく、読書とともに進める読書ワークは、毎回ほぼ満点です。すごいね。  秋の面談、進路のことや日々の勉強のことといろいろと話し合いました。それ以降、勉強に取り組む姿勢が今まで以上によくなったとお家の方から聞いて、本当にうれしく思いました。  これからの成長にも期待しています。またいっしょに頑張りましょう!

続きを読む

—————

2018年01月05日 14:09

作文指導に対する国語道場の考え方

 国語道場は、昨日4日より新年の授業を再開いたしました。今日から寒の入りということで、遅くなりましたが本年もよろしくお願いします。  新年早々、昨日だけで4件と、続々とご新規の方のお問合せを頂戴しております。まことにありがとうございます。  お電話や直接おいでになってのお問い合わせに対しましては、資料のお渡し、入塾面談や無料体験のご予約をつつがなく承っておりますが、御一方、メールでのお問い合わせの方に返信ができておりません。当方からのメールがリジェクトされてしまうようです。  お問合せの中で国語道場での作文指導についてのお尋ねがありましたので、それについてご回答したいのですが、他に連絡の手段も

続きを読む

—————

2017年12月31日 23:24

ゆうと君、誕生日おめでとう!

 年の瀬の誕生日、家族で楽しく過ごしていることでしょう。  道場で学び始めてまる2年、その間もう90冊近くもの本を読破したんですね。読書指数診断では、ここ1年半で語彙力が5,000語アップしています。ゆうと君のがんばりが、こんなところにも結び付いているのだと思います。  語彙力アップに伴って、ますます学習へに対し意欲的になっていて、とても頼もしく感じています。先生たちも、ゆうと君のこれからのさらなる成長に期待していますよ!

続きを読む

—————

2017年12月29日 10:36

かい君、誕生日おめでとう!

 道場には国語力強化の目的で来てくれていますが、実力テスト偏差値を見ると国語だけでなく算数も伸びましたね。半年ほどで算数は8ポイントも上昇しました。国語力が付くことで、全般的な学力が向上したのでしょう。  日々、道場ではよく集中して頑張っていますね。4月からの9か月ほどで60冊もの本を読破し、グレードも2等級上がりました。こうして地道に学習に取り組み続けられ、成績を残せるのは、本当に素晴らしいことですよ。  とにかくも、今はかい君の目標が達成できるように先生たち一同最後まで応援させてもらいます。最後までともにがんばり抜きましょう! 

続きを読む

—————

2017年12月25日 00:01

みずきちゃん、たんじょうびおめでとう!

 ほかの習い事などもある忙しい中、いつもがんばって通ってくれていますね。この誕生日のメッセージも2回目になります。  つかれたなーという感じで道場にやってきても、「ことばの学校」で読書をして帰る時には、すっきりとした顔になっているのが印象的です。  みずきちゃんのいいところは、こうしてたくさんのやらなければいけないことをきちんきちんとこなして、続けられることだと思います。これは本当にすごいことです。  頑張り続けることができるみずきちゃんは、きっと本当に大きく成長していってくれることでしょう。先生たち一同期待しています!

続きを読む

—————


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター