国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年09月05日 20:38

2019年度英検の申込受付は今週土曜日(7日)までです!

 中学校では、今月末や来月頭に生徒会役員選挙が行われるところが多いようですね。役員に立候補する予定の生徒たちが、どのようなことを主張しようか悩んでいます。  緑町中の生徒には、女子の制服を変えるというのはどうなのと提案してみましたが、実際に何かを変えるということはあんまりしようと思わないみたいですね。  まあ、まずは今週・来週に集中している前期期末・第2回定期テストを頑張ってもらいたいものです。  さて、過去の記事でも告知いたしましたが、国語道場を準会場とする英検(2019年度第2回)一次試験の申込受付の締め切りが近づいてまいりましたので、改めてお知らせします。今週土曜日(7日)の午後7時半ま

続きを読む

—————

2019年09月04日 20:46

歴史マンガも読めないへっぽこちゃんは、どうやって勉強したらいいのか

 今日の昼食は、国語道場の隣の建物にあるカフェ・ソッリーゾさんのお弁当をいただきました。  最近お店がリニューアルされたようですね。先日の日曜道場の時に生徒がここのお弁当を食べていて、とてもおいしそうだったので、私も買ってみました。このボリュームで500円。大変おいしゅうございました。  さて、夏休みの終わりに、あきこさんと小6の娘と一緒に、津田沼の丸善に行きました。  小2の甥っ子に歴オタがいまして、その子のプレゼントにビジュアル解説がふんだんに盛り込まれた戦記集を買ったり、自分用に関東の戦国時代についてのムックを買ったりしました。総じてあまり当てもなく大きな本屋をうろついて、面白そうな本

続きを読む

—————

2019年09月03日 20:17

8月県立そっくりもぎ、偏差値アップを果たした秘訣は・・・

 先月末に実施された、進学研究会の県立そっくりもぎの結果が返ってきました。  試験当日に実施した「そっくりもぎ見直し会」の自己採点では、前回7月よりも得点が上がった生徒がほとんどでした。マイナス思考の塾長は、きっと全体の平均点も上がって、そんなに偏差値は変わらないんじゃないかと心配していたところでした。  ふたを開けてみると、平均点は前回からわずかに5点上がっただけどいうことで、7月よりも得点の高かった生徒たちの偏差値も素直に上昇していました。上がったといっても、3~5ポイントといったところではありますが。  しかし、中3がこの時期にこれだけ上げていくというのは本当に大変なことなんですよ。ご存

続きを読む

—————

2019年09月01日 20:03

小学生の英語実力テストの状況と感想~やっぱり国語がまず大事(^^;

 以前の記事にも書きましたが、今回8月から、小学5・6年生も英語の実力テストを受けていただくことになりました。本日が試験最終日で、先ほど答案をまとめて、業者に発送する準備が終わりました。答案用紙をまとめながら、生徒たちの答えを少しチェックしてみました。  全体的な印象として、予想通りでしたが、英語が全くできないという小学5・6年生は皆無でした。学校で英語活動や前倒しで実施されている授業があることもありますし、小学生から塾に通っているお子さんともなると、ほぼみなさん何らかの形で英語を個人的に習っているのでしょう。これが5~6年くらい前だったら、ここまではいかなかったのではないかと思います。  こ

続きを読む

—————

2019年08月31日 19:04

明日(9/1)は期末テスト対策学習会「日曜道場」も開催します!

 毎年のことながら、夏休みが終わった途端に期末テストってどうにかならないんですかね。前期は10月上旬までなんだからテストも10月とか、早くても9月末でいいんじゃないのと思ってしまうんですが。そもそも公立中学校の、期末テストが終わった後にまだ授業があるというスケジュールがよく理解できないんですが。  そうはいってもまあ仕方がありません。轟町中や花園中、蘇我中、加曽利中は期末テストまで5日しかありません。ここまで、国語道場の生徒は、中学生は中1の最初の単元から夏休み前までに勉強したことの総復習を終え、期末テスト範囲の学習は最低でも一回りは終わっています。多くの生徒は試験範囲を二回り以上学習し、加え

続きを読む

—————

2019年08月30日 18:56

消費税増税に伴う授業料等の変更につきまして

 またぞろ、安倍首相が消費税の増税を延期いたしますと発表するんじゃないかと待っていましたが、どうもそうはならなそうですね。  というわけで、国語道場も授業料などを10月分より変更いたします。もちろん値上げするのではなく、お預かりする消費税が2パーセント多くなるということです。授業料等のご案内文書も、新税率のものに改訂いたしました。このホームページ内の授業料等の金額も、順次新税率のものに変更してまいります。  9月から国語道場での学習をスタートされる方ですと、初回の9月分授業料の消費税率はは現行の8%ですが、もう次にご請求する10月分の授業料は、消費税10%の金額ということになるんですよね。今日

続きを読む

—————

2019年08月29日 18:57

親がふらふらしない

 私のブログ全体のタイトルは、「思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ」なんですが、これの意味って皆さんお考えいただいているでしょうか。  子どもがちっとも勉強せずに、一日中スマフォにかじりついてゲームをやったり動画を見たりしてばかりいる。家の手伝いをするわけでもなくだらだら過ごして翌日の準備もしたりしなかったり。忘れ物はするわものは失くすわ、部屋は散らかりっぱなし・・・。どうして朝はシャキーンと時間通り起きてきて、宿題もちゃんとやって、ピアノの練習も進んでやって、部屋もきれいに片づけて・・・とかなってくれないのかしらん。  子どもなんて、こうなってほしいと思ったところでそう簡単にそうは

続きを読む

—————

2019年08月28日 19:23

お子さんが志望校や将来の夢を質問されているときに、親御さんが「まだ決まっていません」なんて割って入るようなことをしていると、お子さんが大学に行けなくなるかも

 大学研究家の山内太地さんのツイートにこんなものがあったのですが、本当に今の高校2年生は大変だと思います。  ご存じの通り、現在の高校2年生は、センター試験の後継の大学入学共通テストを受けることになる最初の代になります。それに加えて大学入試よりも前に、英検などの英語民間試験でしかるべき成績を収めておかなければならないことになっています。  その英語民間試験受験のエントリーはもうすぐ9月から始まります。こうなると、これから難関大学を目指す子どもたちは、高校2年生の夏休み明けの頃には、もうどの大学を受けるということくらいは決めていなければいけないというスケジュールになってきますね。  どうでしょ

続きを読む

—————

2019年08月27日 21:18

今の中学生、「電話帳」なんて知りませんよね

 お母さま方にとって年内最大の難関である夏休みももう少しで終わりですね。本当にお疲れ様です。埼玉県の春日部駅には、こんな広告も出ているそうです。 かあちゃんの夏休みはいつなんだろう… 春日部駅のポスターが話題に  学校があんまり好きじゃないお子さんだと、そろそろウツウツしだす頃でもありますね。夏休みはだれにとっても過ごし方が難しい時期だと思います。  私の場合、子ども時代は特に計画的に何かするということもなく、何となくぼーっと過ごして終了ということが多かったですね。がつがつ勉強していた浪人時代でも、大手予備校では平常授業がなくなって、勉強のペースが乱れてしまうのが嫌でした。  そういうこともあ

続きを読む

—————

2019年08月25日 18:56

稲毛高校が募集停止になって、高校から受験できなくなるのは今の何年生からでしょうか?

 この国語道場ウェブサイトでこれまで「情報まとめ」というページが空っぽだったのですが、一つコンテンツをアップしました。「教育行政年表」です。どうぞご高覧ください。  「年表」と言いましても、歴史年表ではありません。これから学校教育や中学・高校・大学入試で何が起こるか、そしてそれが自分の子どもが何年生の時のことになるのかが一覧できるようになっています。よく見るとなかなか役に立つようにできています。  PDF形式でアップしていますので、PCやスマホからそのままご覧になることもできますし、プリントアウトしてもご利用いただけます。  慣れないと、何が書いてあるのか解読するのが難しいかと思いますので、ち

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター