2014年10月09日 02:35

あなたのお子さんはすでにやる気なのです

今もやっているかどうか知りませんが、スクールIEさんという塾のテレビCM。

子どもの顔に「やる気スイッチ」なるものがあるんですが、母親と思しき女性が全く関係のないところを押しているというのを見たことがあります。滑稽さに思わず笑ってしまいました。

CMを作っている方としては、親御さんがなかなか子どものやる気を出させることができないことを表現しているのでしょう。

しかし、私から言わせれば、そんな「やる気スイッチ」みたいなものがあると思っているような親だから、子どもがやる気にならないのです。いや、子どものやる気に気づけないといったほうがよいでしょうか。

はっきりと申し上げたいのですが、あなたのお子さんはすでにやる気です。それが分らないのは、親御さんのものの見方に問題がある場合が多いですね。

「うちの子はやる気がなくて・・・」

これまでに何万回と伺ってきた、保護者の方々の決まり文句です。

塾にもほとんど休みなく来て、成績も一進一退ながら少しずつ上がってきていて、たまに多忙の時に宿題を忘れるくらい。

塾側から見て、特に問題があると思われないようなお子さんについて、親御さんがこのように評することも少なくありません。

子どもは自分なりに頑張っているという自意識がありますから、このような相手に「やる気が無い」とか「勉強しろ」とか言ってしまったら、どうなるか結果は見えています。

親御さんは大人ですから、やはり大人としてのものの見方、判断の尺度を持っていただきたいと思います。

ご自分のお子さんについて「やる気が無い」とか「成績が悪い」とお感じになる時は、激高する前に次のような点をチェックしてみてください。

「成績が悪い」というのは、お子さんの少なくとも過去1年分の成績を比較して悪化しているということなのか、それとも親御さんが単に子どもの成績が気に食わないだけなのか。

「やる気が無い」とは、たまたま目に入った時に子どもが勉強をしておらず、ゲームをやっていたとかテレビを見ていたとかで、自分がイラッときただけではないのか。

相手が自分の思い通りに動いてくれないからといって腹をたてるのはナイーヴに過ぎます。まして、苛立ち紛れに子どもと同レベルになって口論をするようなことがあれば、はっきり言って大人の存在価値ゼロです。

まず、ご自分のお子さんを信じましょう。

あなたのお子さんは、とても良く育っています。あとは、正しい指導法に基づいたサポートがあれば、必ず伸びていきますよ!

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。