2015年06月23日 00:28

がんばれ塾っ子

 国語道場で私を手伝ってくれているスタッフは、千葉大学などの一流大学に所属する優秀な若者たちです。

 どうしたらこういう大学に進学できるのかなと思って、どういう塾に通ったのかなどと聞くのですが、以外にも、約半数は塾や予備校には行ったことがないといいます。

 通信教育だけでやってきたとか、高校の課題が大変で、それをこなしているうちに相当の学力が付いたなどなど、自主勉強だけでこういう大学に進学できてしまう人というのは、結構いるものなのですね。

 なんだかそう聞くと、塾やら何やらに通うことが、ダメなことのように思われるかもしれませんが、そういうことでもないと思います。

 自主勉だけで一流大学に行けてしまう彼らは彼らで、人付き合いが得意でないなどといった「苦手意識」があったりするようです。

 要は個人の特性の問題で、塾が必要な子どもたちは、他者とのコミュニケーションがとれる環境で勉強するのが好きだなどといったいい面があると考えられるということでしょう。どちらが優れているとか、そういう問題ではないと思います。

 ただ、塾が必要な子どもたち、特にまだ中学生くらいまでの子どもたちには、注意してほしいと同時に、自主勉が好きという人たちから参考にしてほしいと思うことがあります。

 そもそも、自主勉で行けてしまう人たちというのは、どうしてそういうことができるんでしょうか。

 「そりゃ、あいつらはもともと頭がいいんだ」とか、「家ですげーガリ勉してんだ」とか、いろいろ考えられるかもしれません。

 でも、それらはほとんどがまと外れかなと思いますよ。

 結局、自主勉だけでOKという人たちは、学校の授業中にちゃんと「勉強」をしているんですよね。そこが彼らの強みです。

 どうですか。学校の授業中、「なんか今先生が言ってたことよく聞いてなかったけど、後で塾で勉強するからいいや」とか、「ちょっとよく分からなかったけど、後で塾で聞くからいいや」とか、そういう姿勢で学校の授業に臨んでいませんか。

 一人で勉強するよりも、塾でその先生たちや仲間たちと一緒に勉強するのが合っているということ自体はいいんです。でも、学校という、本来の学びの場、学びの時間を何となくやり過ごしてしまうのは、実にもったいないです。

 塾が必要という子どもたちの中には、今この時に集中して聞くぞ、しっかりと理解してできるようにするぞという意気込みがまだまだ弱いなという人は、やっぱり多いかなと思います。

 逆に、学校の授業も集中して頑張る、塾の授業も1回1回を大切にするようになれば、学習効果は2倍にも3倍にもなっていくと思います。

 国語道場に通う君たちの先輩の高校生は、みんな週に1回程度しか道場に来られません。高校生活はそれだけ忙しいんですね。

 それでもその先輩たちがしっかりとしたよい成績をとってこられるのは、日々の予習復習と、学校の授業をしっかりと聞くという習慣があるからです。彼らは、道場では、日々の学習の中で教えてほしいことを集中的に勉強するという、とても効率的な塾の使い方ができているのです。

 中学生以下の君たちも、こうした先輩たちの良いところを身につけていけるようにしましょう。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。