2014年10月07日 11:06

スクールフェアから分かる私立高校の動向

5日(日)に開催されたスクールフェア、台風接近の悪天候の中、昨年を上回る1,800名を超える皆様がご来場くださったということです。本当にありがとうございました。

当日、私は場内の誘導などを担当していましたが、国語道場の塾生・保護者の皆さんともたくさんお会い出来ました。

受験生はもちろん、中学2年生の方のご来場も多かったことが印象的でした。

さすがは国語道場に通う皆さんですね(^_^)v 意識が高い!

スクールフェアの裏側ですが、会のあとは私立高校の先生方事の懇親会があるわけです。

実はそこでの情報交換が、塾としては非常に重要だったりします( ̄ー ̄)ニヤリ

ここで書いてしまって構わないことで言うと、現在私立高校は、2019年度に基礎編が始まると言われる達成度テストに向けて動いているということです。

達成度テストとは、現在の大学入試センター試験に代わるものとして導入されるテストですね。最初に受験することになるのは、現在の小学6年生からです。

それでは今の中学生は関係ないのかというと、そうでもないようです。

達成度テストは、基礎編が高校2年生から受験できるということで、高校別の成績が明らかになってしまうと考えられているようです。したがって、私立高校は生き残りをかけ、達成度テストで実績を挙げなければいけません。

私立高校としては、東京オリンピックの2020年よりも早い、5年後の2019年には、相応の学力のある生徒を集められるようになっていかなければなりません。

そのために、今の中学生に対する募集が大きく変わってくることになります。そう言えば、すでに今年度の入試で、大きな動きを見せた高校さんがありましたね。

更に詳しい情報は、もちろん道場の皆様だけにお話したいと思います。

今月の後半から秋の面談を実施いたします。皆様のご来校をお待ちしております。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。