2014年07月04日 01:02

体験授業はお友達と受けてはいけません

連日、お問い合わせ、体験授業のお申し込みをいただき、まことにありがとうございます。屋外の看板に入れているチラシも毎日のように減っていまして、ウェブサイトにもたくさんの方がアクセスしてくださっています。国語道場にご関心を抱いてくださいまして、大変感謝いたしております。

いよいよ7月に入りまして、夏期講習が近づいてまいりました。中学2年生につきましては、あとお一人お引き受けいたします。国語道場は入塾テストは実施しません。早い者順です。一番最初にご入塾手続きをなさった方にお入りいただきますので、現在保留中の方、ご検討中の方におかれましては、あらかじめお含みおき下さい。

さて、最近は塾に入る前に体験授業を受ける方が多いと思います。国語道場も、ほとんどの方が体験授業を受けられて、それからご入塾下さっています。

それでその体験授業ですが、お友達と一緒に通わせたいからとか、一人で行くのはためらわれてしまうからなどと、いろいろご事情はあるのかもしれませんが、仲のよいお友達と一緒に受けたいというご要望をいただくことがあります。しかし、これはまったくお勧めできません。国語道場としては、今後はお友達と一緒の体験は、お断りする方針です

理由は簡単です。必ずあなたのお子様かそのお友達のどちらかが傷つくことになるからです。

いかに仲のよい友達同士とはいえ、現在の学力や得意不得意がまったく同じということはありえません。それほど大きな力の差がないとしても、ほとんどの場合、いずれかのお子様はより正解が多く、より早く進み、もう一方のお子様はその逆になります。

私は、勉強は誰でも自分のペースでしかできないと確信しています。国語道場では、子供たち一人ひとりが自分のペースで、それぞれのできる限りの力でがんばっています。それなのに、体験授業で、不必要に他人と比べられ、劣等感を植え付けられるなどということは、理不尽と言うよりほかありません。

なかなか塾にも行きたがらなかったお子様をようやく体験授業まで引っ張ってこられたのに、そこでやる気を失ってしまうということも少なくありません。これでは親御様のご苦労も水の泡となってしまいます。

これから体験授業を受けさせようとご検討中の保護者の皆様、どうぞ、大人の都合ではなく、子どもの目線に立ってみてください。

あるいは、お子様が、友達のだれだれと一緒なら行くなどといわれるかもしれません。それは断固拒否しましょう。「子どもの目線に立つ」とは、なんでも子どもの言うとおりにすることではもちろんありません。さまざまなことを経験して知っている大人として、今自分の子どもにとって何がベストかということを判断することが大切です。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。