2015年04月14日 00:54

塾はサボってもいいんです

 妖怪、はやっていますね。

 小2のうちの娘も妖怪が大好きで、ゲームは持っていないのですが、水木しげるの妖怪の本を何冊も夢中になって読んでいます。

 私もたまにパラパラと読んでみるのですが、「ゲゲゲの鬼太郎」でも有名なぬり壁という妖怪について、興味深いエピソードが書かれていました。

 水木しげるさんが、太平洋戦争で南方で戦う一兵士であったことは有名ですが、ジャングルでの戦いのさなか、水木さんは何とぬり壁に遭遇したのだと言います。

 敵襲から逃れ、真っ暗なジャングルの中を進むうちに、何かが前方に立ちはだかって一歩も前に進めない。なんとか前進しようと突っ込んだり、左右の脇を探ってみたりしても、何者かが水木さんの行く手をさえぎっている。どうしたものかと、すぐ近くにあった石に腰掛けて一休みして、それから先ほどのところに戻ってみると、その時にはもうなにも邪魔するものはなくなっていて、すんなりと先に進むことができた。

 このように、遮二無二前に進もうとしてぬり壁に邪魔をされたら、ちょっと気分転換をしてみるといいらしい、なんてことが書かれていました。

 国語道場は授業料定額で毎日通える個別指導の塾です。法外な料金を吹っ掛けるチェーン個別指導塾がはびこる中、国語道場のタイプの個別指導塾を作ることは私の念願でもありましたので、これ自体は素晴らしいシステムであると確信しています。

 進級してやる気に満ちあふれている生徒、意欲のみなぎる新入塾生、毎日のように塾で授業を受けて、「もっと授業を追加させてください」、「明日も○時から来ていいですか」といった感じで、道場はとても盛り上がっています。

 しかし、毎年、頑張りすぎて息切れしてしまうお子さんがいることも確かです。

 たいていの生徒は、そこから自分の生活習慣を見直して、最適な通塾パターンを構築していくことができるようになっていきますが、頑張りきれない自分について、少し自己否定的になってしまうお子さんもいます。

 そんな時は私は迷わず、「塾はサボっていいんだよ。その代わりちゃんと連絡してね」と言うようにしています。

 何ととんでもない塾だと思われる方もいるかもしれません。そういう意見は尊重はします。

 しかし、勉強は何よりも続けられることが大切で、ちょっとやりきれなくなったくらいですべてを断念してしまうことになっては元も子もありません。まして、それが原因で子どもが自己否定的になっているならば、大人として手を差し伸べることが必要だろうと私は思います。

 そもそも国語道場の個別指導のシステムなら、あとでいくらでも挽回が可能です。そこいらのケチなチェーン個別指導塾のように、授業を増やすなら追加料金を払えなんてことは言いません。満席でなければ無料でいくらでも授業が追加できるのですから、ご当人の納得がいくまで私たちも徹底的に付き合います。

 私が大学受験生だったころは、大学受験ラジオ講座というものがありまして、力のある予備校講師の素晴らしい授業を、ほとんどテキスト代だけで受講することができたものです。いい時代でした・・・。

 それはともかく、その先生方の中で、今も大手予備校の第一線で教えている宮崎尊先生の言葉を思い出します。

「英語の勉強っていうのはね、とにかく完璧主義にならないでね。1回2回放送を聞かなかったからといって、もうあとやらなくなっちゃう人がいるんだけど、そういう人は真面目な人が多いのかな。そういうのが一番もったいないんだよね」

だいたいこのような感じだったでしょうか。

 私自身、この宮崎先生の言葉に大いに救われた感じがしたものです。お蔭さまで、何とか大学受験勉強も目標達成まで継続することができたと思っています。

 なにはともあれ、勉強で大切なことは、24時間365日頑張り通すことではなく、継続することです。そのためにはちょっとくらい塾をサボったっていいのです。そうして一休みしてみたら、あなたのぬり壁もどこかにいなくなってしまうことでしょう。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。