2014年11月25日 02:51

語彙数≒学力アップに効く「ことばの学校」

  先週のことですが、「ことばの学校」事務局(本部)の方が国語道場に取材に来られました。

「ことばの学校」とは、国語道場がご提供する小・中学生向けの読書指導プログラムです。

国語道場における「ことばの学校」受講者に、顕著な成績向上が見られることが、本部の方の目に止まったということでしょうか(ノ´∀`*)イヤイヤ

質問を受けていて感じたのですが、読書指導ということから得られる「成果」は、学習姿勢や生活態度の改善ということに期待の中心があるようです。国語科の指導でも、「すぐに成績に現れにくい」などといったことがよく言われますが、それに通ずるものがあるようです。

たしかに、数学や英語、社会、理科においてよりも、勉強即成績アップということに国語がなりにくいということは否定しません。しかし、塾が子どもたちの学習の定着、成績アップを期待されているものである以上、国語といえどもデジタルな形での改善を追求するべきだと私は思っています。

「ことばの学校」読書指導プログラムは、ひとえに「点数に現れない」部分の改善にとどまらず、成績アップにダイレクトに効くといえるところがあります。それは、「ことばの学校」が単なる読書指導ではなく、語彙力向上のプログラムでもあるからです。

以前の記事にも書きましたが、語彙力は子どもの学力のベースになっており、標準的な中学校の課程を理解するのに必要な語彙数は3万語程度と私は思っています。

このことを、私はこれまでの指導経験から推定していたのですが、実証的にこの3万語という数字を出している研究がありましたので、ご紹介したいと思います。

1951年刊行の「国立国語研究所年報2」の95ページ~107ページに、「義務教育修了者に対する語彙調査の試み」という論文がありました。昭和25年の調査で、当時の精華学園高等部(おそらく東海大学付属望洋高校の前身で、美空ひばりさんが卒業した学校)の新入学生17名に対し、和英辞典収録の3万7千余語について、知っているか知っていないかを調べたものです。

この調査によると、最も知っている語彙数の多い生徒のそれは36,000語程度、最も少ない生徒は23,000語程度で、平均すると3万語程度になると結論づけられています。

また、この論文では、語彙数と中学での成績とが比較されています。まあ、案の定といいますか、語彙数と学校の成績との間には強い相関がありますね。

ちなみに、Wikipediaにもこの調査についての言及がありますが、そこでは「13歳では3万語前後」と書かれています。原論文では、当時の精華学園高等部の新入生に対する調査とあり、当時はすでに現行と同じ学制が取られていますから、彼らの年齢は15・6歳であったはずです(実際、美空ひばりさんは昭和25年に12歳で精華学園中学に入学し、28年に15歳で高等部に進学しています)。

こういうわけで、中学生が身につけているべき語彙数は約3万語であり、語彙数と学業成績とは相関するという私の感覚は、こうした実証的な研究からも正しいといえるようです。

ところで、これをお読みになっていて、自分の語彙数はどれくらいかしらとお感じになった方がいらっしゃいましたら、こういうサイトが有りましたので、お試しになってみてはいかがでしょうか。私は、58,700語という判定でした。

私は、どうしても塾として、成績アップということを第一にお話してしまうのですが、「ことばの学校」読書指導は、もちろんお子様の学習態度にも、非常に良い影響を与えています。

今月まで行っていた面談で伺ったところですと、自分から図書室などで本を借りたり、書店で購入したりするなどして、自ら本を読むようになったというお子さんは、ほぼ全員であると申せます。

さらに、特に素晴らしいなあと思ったお話としては、お子さんとお母様が一緒に力を合わせて、少し難しい本に挑戦しているというものがありました。小学校低学年のお子さんなのですが、すでに「三国志」を読了し、今度は「南総里見八犬伝」に挑まれるということでした。

このように、「ことばの学校」読書指導はいいことだらけ。これほどメリットばかりという学習プログラムも、正直珍しいと思います。

ほとんどすべてのお子さんが本好きになり、さらに学力・成績向上に大変関係のある語彙力を大幅に増やすことができる(半年で推定1万語以上語彙数が増えたお子さんもいらっしゃいます)。--こんな素晴らしい「ことばの学校」読書指導を受講できるのは、西千葉では国語道場だけです。

無料体験授業は随時実施しておりますし、冬休みだけでもお試しで受講してみることも可能です。対象は小学1年制~中学生です。どうぞ、お気軽に国語道場までお問い合わせください。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。