2015年07月04日 21:19

面談は国語道場の命です

 今日は、塾生、体験授業、入塾のお手続きということで、7件面談をさせていただきました。

 通常の授業もありましたので、いささか頭がぼうっとしております。

 国語道場が、こうして地域のたくさんの皆様に訪れていただける場所になっていることを、大変ありがたく思っております。

 国語道場では年に3回、定期的な面談を実施しています。

 私としては、基本的に全生徒の保護者の方に教室までおいでいただきたいと思っています。というか、小・中学生の保護者の方はほぼ全員、毎回ご足労くださっています。

 面談の準備というのは、これは結構大変だったりします。1つの準備に数時間かかってしまうこともあります。

 まずは資料集め。資料というのは、生徒の過去からの成績推移であったり、生徒に必要な進学や受験の情報であったりします。

 資料がそろったら、今度はストーリー作りです。これをしっかりと伝えなければというテーマが、面談1件1件についてあるものです。生徒の成績が上がっているとか下がっているとか、こちらは進みがよいがこちらは滞っているとか、色々な現象がありますが、その背後にある本質的なものは何なのか、それを常に考えるようにしています。

 問題の本質が見えてくれば、解決策がおのずと浮かびあがります。具体的にこういうことをしていけば、結果も良くなっていくだろうという提案につながります。

 ということで、面談の準備はたしかに「大変」ではあるのですが、私自身にとって、一人ひとりの子どもを見つめなおし、それぞれが抱える問題の処方箋というか計画を更新していく機会なので、やっぱりこれからも丁寧にやっていきたいなと思っています。

 なんだか、チェーン個別指導塾では、生徒の学習計画を学生アルバイトが作るらしいですね。大学の授業中に内職している奴もいるとか。

 国語道場では、学生講師は私のアシスタントという位置づけなので、そんなことさせるなんて信じられないですね。そんなんで夏期講習30万円やら40万円やら要求するとか、もうワケ分からんです。

 ツイッターを見ていたら、東京のヤマハ銀座店で、今週から子ども向けの音楽本のフェアが行われているみたいですね。

 娘を連れて行ってこようと思います。私自身、ブラームスの伝記を読みたいなと思っていたところなんですよね。

 クララ・シューマンの伝記漫画は、娘のピアノ教室にも置いてあって、ちょっと読んでみたらすごく良かったんで、道場にも置いておこうか知らん。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。