国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年09月25日 23:05

りょう君、誕生日おめでとう!

 早いもので、りょう君が道場に来てくれるようになってから、2回目のハッピーバースデイだね!  読書指導「ことばの学校」を受講し続けてくれていますが、まじめに楽しく充実した様子が見て取れます。  やはりそうした受講姿勢がよいのでしょうか、8月の実力テストでは、過去最高の成績を収めることができましたね。面白いのは、国語だけでなく、算数の成績もぐんと伸びているところです。初めて受けたときのものから比べると、10ポイントを優に上回っています。素晴らしい!  これからの成長にも期待しています。また楽しく頑張りましょう!

続きを読む

—————

2018年09月24日 00:12

これは「いじめ問題」の多くを解決するだけではなくて、学力向上にも役立つ

 ツイッターを見ていたら、タイムラインに↓こんなインタビュー記事の紹介が流れてきました。 「なぜ「いじめ」はなくならないのか?春名風花さんがたどり着いた結論 みんな「逃げろ」と言うけれど…」  問題点の指摘、提言について、私も日々同じようなことを考えていたのと、彼女が現役の高校生だと知ったこととで大変驚きました。皆様にも、味読熟読精読をお勧めいたします。 「大人は、『逃げろ』って簡単に言うけれど、逃げた後のことまでは考えてくれません。不登校になった後どうすればいいのか、その後どんな風に社会と関わっていけばいいのか。そこまで選択肢を提示して考えてくれる人は、ほとんどいません」  これは、ホ

続きを読む

—————

2018年09月21日 21:41

子どものアタマとカラダは、親が与えるものでできている

 先日、NHKの「あさイチ」を見ていたら、出演者の女優さんが、子どもの体は親が与える食べ物でできているのだから、食べさせるものにはすごく気を遣っているということを言っていました。  そうでしょうねえと思いながらふと考えたのですが、子どもの知能や精神は、親が直接話しかけたり見せたり聞かせたりした言葉によって形成されるはずだなということに思い至りました。  まあ、幼稚園や学校に通いだすと、親以外から与えられる言葉の割合も非常に多くなりますけれども、いずれにせよ子どもの知能、精神を形作るのは、様々な形で親から与えられる言葉が大部分を占めると考えて間違いないのではないでしょうか。  国語道場では中学生

続きを読む

—————

2018年09月20日 21:26

中学生が塾でふだんから理科・社会を勉強しないのは、やっぱり時間のムダ

 中学1・2年の、8月の学力テストがようやく業者さんから返ってきました。  本当はもっと早くできるはずだったんですが、期限までにテストを受けてくれない人がいたので、少し遅くなってしまいました。期限通り受けてくれた皆さんには、大変申し訳ありませんでした。  最近、70代という偏差値は、国語道場ではよく見かける数字になってきました。今回、8月の実力テストでは、中2なら道場生の半数が何らかの教科で70以上の偏差値を取りました。  どの教科で70以上の偏差値が取れているかというと、理科と社会でした。最高で78というのがありました。  国語道場では、原則として中学生は5教科受講していただいております。中

続きを読む

—————

2018年09月18日 20:56

りゅうせい君、誕生日おめでとう!

 りゅうせい君も国語道場での学習スタートは今年度からになりますが、ここまでなかなか順調に成績を上げられていますね。  定期テストの点数は続伸で、入塾前の昨年度末の第4回定期テストから比べると、5教科合計で30点ほど得点が上がっています。今回の第2回定期テストは問題が難しかったようなので、得点アップしたりゅうせい君は、学年順位も確実に上がったことでしょう。報告を楽しみにしています。  ともかくも、入試が近づいてきています。この調子で最後の最後まで駆け抜けていきたいですね。先生たちも最後まで応援していきますよ!

続きを読む

—————

2018年09月16日 21:51

かいり君、誕生日おめでとう!

 国語道場では今年度からの学習スタートですが、春~夏にかけて着実に実力がついてきているようですね。  3教科の伸長が特に顕著で、実力テスト偏差値は、4月から8月にかけて国語が約10ポイント、数学が約15ポイント、英語が約15ポイントも上がっています。  国語道場に来て、かいり君なりによく努力した成果が表れてきていますね。先生たちもとてもうれしく思います。  受験が近づいてきました。最後の最後まで応援していますから、ともに頑張りぬいていきましょう!

続きを読む

—————

2018年09月15日 15:39

隠し事の多い人は受験で失敗する

 今月は私立高校の塾対象説明会が集中する第2のピークです(第1のピークは6月)。今週は敬愛学園高校と桜林高校の説明会に行ってきました。毎年、市内の私立高校の塾対象説明会にはすべて参加しています。  中3受験生の皆さんは、受験する私立高校はもう決まっているんでしょうか。  第一志望校が早いうちに決まっている人ほど、目標を達成しやすいと言われています。しかし、実は学力検査で合否が決まるような公立高校、難関私立高校受験の最終決定は、それほど急ぐ必要はありません。受けるか受けないかを自分で決めて、自分で出願すればよいからです。(もちろん調査書の発行に必要な時間というものもありますが。)  しかし、「保

続きを読む

—————

2018年09月12日 21:21

まさや君、誕生日おめでとう!

 夏期講習からのスタート、夏休み後も続けてくれてありがとう!  国語道場で読書指導「ことばの学校」の受講を始めて1か月とちょっと。最初は「本を読むのが嫌いだ」なんて言っていましたが、もう早くも長めの本を4冊も読破しているんだね。素晴らしいです。  これからもっともっとたくさんの本を読んで、さらにたくさんの言葉に出会いましょう。そうしていくうちに、きっととても豊かな人生がまさや君に訪れると思います。  また一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年09月11日 11:14

子どもの能力はどこから来るのか

 今朝の千葉日報の朝刊を見たら、1面に、千葉市出身のピアニスト高木竜馬さんがグリーグ国際ピアノコンクール(ノルウェイ)で優勝したというニュースが載っていました。  高木さんのリサイタルには、家族で何度か聴きに行っています。なんと言ってもそのエネルギッシュな演奏に惹きつけられます。毎回プログラムも自作されているようで、それを読むと1曲1曲について様々な角度から熱心に研究されていることが感じ取れます。私も、自分の仕事にもっと誠実に取り組もうという元気をもらえるピアニストさんですね。  帰国されたときに、千葉~稲毛界隈の身近な小規模な会場でも精力的に演奏会を開かれているので、機会があったらぜひお出か

続きを読む

—————

2018年09月10日 12:28

女の子は大変

 先週は、院内の千葉聖心高校の説明会に行ってきました。  同校の副校長先生自ら言われている通り、「模試の偏差値ランキング表で一番下の方を見るとすぐに見つかる」高校です。  しかしながら、その副校長先生の「子どもたちに自尊心を持ってもらいたい」というお話には大いに共感しました。  同校では、小・中学校で活躍できなかった子どもたちに学校行事等で活躍の機会があるとか、毎日「自己探求」という時間があって、それこそ小・中学校の課程で身についていなかったことなんかを学び直してできるようにする取り組みしているということでした。筋の通ったいい教育をやっておられるなと思いました。  件の副校長先生はもともと中学

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター